January 17, 2018 / 6:59 AM / a month ago

米ゴールドマンやアルコア決算に期待【クロージング】


*15:52JST 米ゴールドマンやアルコア決算に期待【クロージング】
17日の日経平均は3日ぶり反落。83.47円安の23868.34円(出来高概算15億4000万株)で取引を終えた。16日の米国市場ではNYダウが26000ドルに乗せた後に下げに転じており、前日のNYダウ上昇を織り込んでいた日経平均の上昇分が剥がれる格好から始まった。ただし、5日線レベルでの下げ渋りが見られるなか、じりじりと下げ幅を縮める展開となっている。

東証1部の騰落銘柄は値下がり数が1300を超えており、全体の6割を占める状況が続いた。セクターでは石油石炭、鉄鋼、鉱業といった資源関連に利益確定の流れが強まったほか、足元でリバウンド基調が強まっていた銀行が一服に。一方で、機械、食料品、陸運、保険、その他製品、輸送用機器が小じっかりだった。円相場が1ドル110円80銭台と円高が一服したことが安心感にもつながっていた。

やや波乱含みの展開とはなったが、終えてみれば底堅さが意識される展開であった。仮想通貨の下落が心理的に嫌気された面もあったと考えられる。ただ、米国では下げに転じてはいたが、シティグループの決算は評価されたほか、半導体関連にはM&A思惑等もあって物色が向かっていた。米国が反発といった流れに向かうようであれば、再び指数インパクトの大きい値がさ株に資金が向かう格好となりそうだ。バンク・オブ・アメリカ、ゴールドマン、アルコアの決算が予定されており、決算評価の流れが期待されるところである。(村瀬智一)


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below