January 18, 2018 / 1:20 AM / 7 months ago

個別銘柄戦略:郵船、スターマイカに注目


*10:19JST 個別銘柄戦略:郵船、スターマイカに注目
米アップルが5年で3500億ドルの投資計画を発表し、これが好材料視されている。S&P業種指数では半導体・同製造装置、テクノロジー・ハード・機器 が大きく上昇しており、日本市場へのインパクトは大きい。足元で設備投資関連への物色が続いていたが、アップルの大規模な投資計画を背景に、より物色が強まることが期待される。その他、中国では10-12月GDPの発表が予定されている。GDPでは李首相が先週、2017年通年で6.9%前後になったもようだと発言している。成長の鈍化が続いていた中国のGDPは、7年ぶりに加速に転じたことになる。世界的な景況感の改善が先高観をより強めてくるかが注目されよう。また、昨日下げが目立っていた仮想通貨関連だが、ビットコインがSQ通過でリバウンドをみせてきており、関連銘柄への買い戻しを誘うだろう。なお、個別で強気格付けや格上げが観測されているところでは、郵船9101、スターマイカ3230、日本電設1950、鳥貴族3193、ヨコオ6800に注目。
《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below