January 18, 2018 / 8:51 AM / 8 months ago

マザーズ先物概況:外部環境の好転で買い先行も利食いも増える


*17:45JST マザーズ先物概況:外部環境の好転で買い先行も利食いも増える
18日のマザーズ先物は買い先行も利食いも増える。-1.0pt(-0.07%)安の1261.0ptで取引を終えた。高値は1286.0pt、安値は1259.0pt、売買高は2801枚。17日のNYダウが初めて2万6000ドル台で終了したほか、ナスダック総合指数の最高値更新などが好感されたほか、円相場も1ドル=111円台半ばへと進んだ円安傾向を受けて、主力株中心に買いが先行し、日経平均株価が91年11月18日以来約26年2カぶりに2万4000円台を回復した流れを引き継ぎ、新興市場もリスクオンの動きが波及した。ただ、午後に入り、為替が朝方に比べ円高に振れたほか、東証1部市場で半導体関連や設備投資関連株に利食い売りに急速に伸び悩んだほか、金融株や自動車株などの主力株もマイナスに転じたことから、マザーズ先物にも目先の達成感から利益確定売りが出て、ほぼいってこいとなった。CYBERDYNE7779やPKSHA3993、TKP3479など時価総額の大きい銘柄も値下がりしたことも響いた。


《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below