January 22, 2018 / 6:57 AM / 9 months ago

日経平均は高値引け、米国の政府機関閉鎖の影響を楽観視【クロージング】


*15:50JST 日経平均は高値引け、米国の政府機関閉鎖の影響を楽観視【クロージング】
22日の日経平均は小幅に続伸。8.27円高の23816.33円(出来高概算13億4000万株)で取引を終えている。19日の米国市場は、政府機関閉鎖への影響は限られるとの楽観的な見方から上昇していたが、やはり影響を見極めたいところであり、23800円を下回って始まっている。その後23700円を下回る局面もみられたが、週明けの米国市場の動向待ちの中、狭いレンジでのこう着感の強い相場展開となった。その後もマイナス圏でのこう着が続いていたが、大引けにかけては先物主導によるインデックスに絡んだ買いから、僅かに上昇に転じている。

東証1部の騰落銘柄は値上がり数が過半数を占めている。セクターではゴム製品、その他金融、証券、医薬品、食料品、水産農林、保険、鉱業、不動産がしっかり。指数インパクトの大きいところでは、ファナック6954、ソフトバンクG9984が上昇。一方で、ファーストリテ9983、東エレク8035が重しとなっている。

日経平均は5日線処でのこう着が続いている。前場に弱含んでいたファナックが大引けにかけて買われており、高値で引けている。5日線に上値を抑えられているものの、指数インパクトの大きい値がさ株の一角が日経平均を下支えした格好であろう。また、日経平均も引けにかけての上昇で高値引けとなった。商いが薄いため方向感は掴みづらいだろうが、一先ず市場は米国の政府機関閉鎖の影響を楽観視しており、反対に閉鎖解除後のアク抜けを狙っているようだ。

また、明日の黒田日銀総裁の会見では、金利縮小観測を打ち消す発言が意識されており、円相場がやや円安に振れて推移していることも、押し目買いに向かわせているようだ。その他、中小型株の強い値動きが、現在の良好な需給状況を表しているようだ。(村瀬智一)


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below