January 22, 2018 / 8:33 AM / a month ago

欧米為替見通し:ドル・円は上げ渋りか、ドイツ政局の後退でユーロ買戻しも


*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は上げ渋りか、ドイツ政局の後退でユーロ買戻しも
今日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る展開を予想したい。米政府機関の閉鎖に対する悲観論は広がっていないもようで、ドル買いに振れやすい見通し。ただ、ドイツ政局の不透明感払しょくを受けユーロ買いが強まれば、ドルの重石となりそうだ。

米政府予算の執行に伴う政府機関の一部閉鎖の問題は、与野党による事態打開に向けた協議が難航しており、日本時間22日午後の時点で解決には至っていない。与党・共和党のマコネル上院院内総務は、政府閉鎖を解除するかどうかで近く採決する見通しを示している。

ただ、市場ではこの問題に関し強い懸念は広がっていないようだ。2013年の医療保険制度改革法(オバマケア)をめぐる与野党対立では2週間程度で正常化されたことが想起されており、ある短期筋は「注目材料ではあるが、長引くとはみていない」と指摘する。週明けアジア市場で国内勢の押し目買いが観測され、ドル・円は110円半ばから後半に値を上げた。

今晩の海外市場でも米政府閉鎖問題が注視される見通しだが、ドイツ政局の後退が好感される可能性もあろう。ドイツ第2党の社会民主党(SPD)は週末の党大会で、メルケル首相との大連立政権の発足に向けた協議の開始を正式に支持。この決定を受け、ユーロ・ドルは本日アジア市場で利益確定売りが強まり1.2270ドル台から1.22ドル台前半に弱含んだ。
ただ、25日開催の欧州中銀(ECB)理事会に向け、これまでの緩和的な金融政策の縮小に対し思惑が交錯しており、ユーロ売り一辺倒には傾きにくい。直近の取引と同様に1.22ドル前後で押し目買いが入ればユーロが切り返す展開となり、ドルは110円後半で上値を押さえられるだろう。

【今日の欧米市場の予定】
・22:30  米・12月シカゴ連銀全米活動指数(予想:0.44、11月:0.15)
・ユーロ圏財務相会合




《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below