January 23, 2018 / 6:49 AM / a month ago

IOTAがハッキング被害に【フィスコ・ビットコインニュース】


*15:40JST IOTAがハッキング被害に【フィスコ・ビットコインニュース】
複数のIOTAユーザーのウォレットが19日夜、ハッキング被害にあい、計400万ドル相当のIOTAが盗難にあったと一部メディアが報じている。IOTAのウォレットはユーザーが独自に「シード」と呼ばれる秘密鍵を生成する必要がある。ユーザーの多くは「iotaseed.io」などのオンラインジェネレーターを利用してシードを生成しており、今回のハッキングはこのジェネレーターが利用された。

ハッカーはジェネレーターをハッキングすることで、生成されたシードを収集し約400万ドル相当のIOTAを移動すると同時に、一部のフルノードに対してDDoS攻撃を仕掛けることで、被害者が資金を回収するのを妨害することに成功したという。

今回のハッキングはIOTAの技術自体に問題があったわけではない。IOTA自体は秘密鍵を使い捨てる設計となっており、3進数を利用することで量子コンピューター耐性を有しているとされている。今回の問題は、IOTAの技術それ自体ではなく、オンラインジェネレーターというエンドユーザーにシード生成を依存したことにある。優れた技術を無駄にしないよう、慎重に管理する姿勢が求められる。



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below