January 24, 2018 / 11:36 AM / 8 months ago

陽転シグナル発生の可能性も【フィスコ・ビットコインニュース】


*20:34JST 陽転シグナル発生の可能性も【フィスコ・ビットコインニュース】
1月24日20時30分時点のビットコイン(BTC)は、1,221,000円台での推移となっている。本日の日中取引では、一時的なリバウンドを試す展開もみられたが、日足のボリンジャーバンドの-1σ及び5日移動平均線が位置する1,250,000円処が抵抗線として意識される展開となった。MACDでは、シグナルとの乖離がじりじりと縮小してきているなかで、陽転シグナル発生の可能性も意識されてこよう。実際に陽転した場合は、一目均衡表における転換線のある1,340,000円までの戻りも射程に捉えた推移になりそうだ。なお、ここまでの高値は3:30に付けた1,250,000円、安値は00:00に付けた1,154,065円となっている。

時価総額上位10位の仮想通貨では、全般に買い戻しの動きがみられるなか、先駆けてリバウンドしたリップル(XRP)とStellarが10%を超える上昇となっている。ビットコインにおける通貨ペア別シェアでは、日本円が32%を割れてきており、日本勢のシェアがじりじりと縮小してきている(CryptoCompare参照)。

※ビットコイン/日本円はフィスコ仮想通貨取引所、ビットコイン/米ドル及びアルトコイン上昇率はCoin Market Capを参照。なお、ビットコイン価格については値動きの関係上、ニュース作成時から大きく変動している場合がございます。あらかじめご了承ください。



《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below