January 24, 2018 / 10:27 PM / 3 months ago

NY株式:NYダウは41ドル高、決算評価もハイテク株に売りが広がる


*07:20JST NY株式:NYダウは41ドル高、決算評価もハイテク株に売りが広がる
24日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は41.31ドル高の26252.12、ナスダックは45.23ポイント安の7415.06で取引を終了した。複数の主要企業決算が市場予想を上振れ、買いが先行。為替相場でドル安が進行したことが好感されたが、ハイテク株を中心に売りが広がり、上げ幅を縮小する展開となった。ダウは最高値を更新した。セクター別では、自動車・自動車部品や銀行が上昇する一方で半導体・半導体製造装置や運輸が下落した。

航空大手のユナイテッド・コンチネンタル(UAL)は2020年までの輸送能力の拡大を発表したが、更なる価格競争が懸念され、大幅下落。同業のデルタ航空(DAL)、サウスウエスト航空(LUV)、アメリカン航空(AAL)も軒並み下落した。複合企業のゼネラル・エレクトリック(GE)は変額年金保険の損失について米証券取引委員会(SEC)による調査を受けていることが明らかとなり、軟調推移。半導体のクアルコム(QCOM)は「iPhone」向け半導体の独占供給の為に、2016年までアップル(AAPL)へ報奨金を支払う契約を結んでいた問題で、欧州連合(EU)から12億ドルの制裁金を課され、売られた。一方で、長期金利の上昇でJPモルガン(JPM)やゴールドマンサックス(GS)などの金融関連企業が軒並み買われた。

JPモルガン(JPM)のダイモンCEO及び、ゴールドマンサックス(GS)のブランクファインCEOはトランプ政権の経済政策を高く評価し、更なる株価上昇に繋がるとの認識を示した。





Horiko Capital Management LLC


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below