January 24, 2018 / 11:52 PM / a month ago

今日の為替市場ポイント:米長期金利と日経平均の動向を注視へ


*08:46JST 今日の為替市場ポイント:米長期金利と日経平均の動向を注視へ
24日のドル・円相場は、東京市場では110円34銭から109円81銭まで下落。欧米市場でドルは一時108円97銭まで一段安となり、109円22銭で取引を終えた。

本日25日のドル・円は、109円台前半で推移か。ムニューシン米財務長官によるドル安発言を背景としたドル売り・円買い地合いが継続している。米長期金利や日経平均株価の動向をにらみ、109円台前半で神経質な値動きが予想される。

ムニューシン米財務長官が「米国の貿易拡大を目指すには弱いドルは良い」との発言を受けたドル売り・円買い基調が継続。財務省が24日発表した2017年の貿易統計速報で、対米国の貿易収支が7兆356億円の黒字となったことや、今後米国からの貿易不均衡の是正が強く求められる可能性が意識されたことも、ドルの売り圧力を強めた。トランプ米大統領は23日に太陽光パネルなどに対する緊急輸入制限(セーフガード)発動を命じる文書に署名しており、最大の貿易赤字国である中国への制裁に動き出していた。

ただ、日本時間夜に開催される欧州中央銀行(ECB)の定例理事会やドラギ総裁の記者会見の内容を見極めたいとの思惑から市場の様子見ムードも広がっており、ポジション調整目的のドルの買い戻しも入っているもよう。

本日の東京市場では、米長期金利や日経平均株価の動向をにらみ、109円台前半で神経質な展開が予想される。日経平均株価が軟調に推移した場合は、海外市場で付けた安値である108円97銭近辺まで反落する可能性もある。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below