January 25, 2018 / 12:42 AM / 10 months ago

やや強気な展開も意識しておきたい【フィスコ・ビットコインニュース】


*09:35JST やや強気な展開も意識しておきたい【フィスコ・ビットコインニュース】
9時30分時点のビットコイン価格は、フィスコ仮想通貨取引所で1,243,800円、Coin Market Capでは11,409.70ドル。

ワイスレーテイング(Weiss Rating)は24日、初めての仮想通貨格付け判断を発表。同社が扱う74の仮想通貨のうち、最高評価の「A」を獲得した通貨はなく、イーサリアム(ETH)、イオス(EOS)の「B」が最高だったもよう。ビットコイン(「fair C+」)の評価を上回ったようだ。なお、これを受けて、足元でイーサリアムは前日比7.5%高で推移している。

一方、仮想通貨を先物として上場するにあたって必要な法制の見直しを当面考えていないと、金融庁当局者が一部メディアの取材で語ったことが報じられている。加えて、英ロンドンを拠点に金オンライン取引を手掛けるブリオンボールトではビットコイン急落の際、金取引量が急増、最近はまとまったリスク回避目的と見られる資金が入るケースも増えてきているという。こういったニュースフローが相場全体にネガティブインパクトを与えることは想定しにくいが、引き続き手がけにくい相場展開となることを示唆しているだろう。ただ、MACDでは、シグナルとの乖離がじりじりと縮小してきているなかで、陽転シグナル発生の可能性も意識されてきやすく、ここ数日感の1,100,000円から1,200,000円を中心とした値動きを考慮すると、本日はやや強気な展開となってくる可能性もありそうだ。


※ビットコイン/日本円はフィスコ仮想通貨取引所、ビットコイン/米ドルはCoin Market Capを参照。なお、ビットコイン価格については値動きの関係上、ニュース作成時から大きく変動している場合がございます。あらかじめご了承ください。


《WA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below