January 25, 2018 / 3:12 AM / 8 months ago

午後は本格的なリバウンドの動きとなるか【フィスコ・ビットコインニュース】


*12:09JST 午後は本格的なリバウンドの動きとなるか【フィスコ・ビットコインニュース】
1月25日12時00分時点のビットコイン(BTC)は、1,260,000円台での推移となっている。ナイトセッションでは、1,200,000円を割れる場面もみられたが、朝方より5日移動平均線とボリンジャーバンド(日足)-1σの位置する水準(1,240,000円)を上抜けてきており、下値を切り上げる展開となっている。MACDは、シグナルとの乖離をじりじりと縮めてきており、午後は陽転シグナルの発生を見極める展開となりそうだ。なお、ここまでの高値は11:30に付けた1,274,435円、安値は2:00に付けた1,197,820円となっている。

時価総額上位10位の仮想通貨では、全般に買い戻しの動きがみられるなか、前日に発表されたワイスレーテイング(Weiss Rating)による仮想通貨格付け判断において、現状で最高となる「B」評価(最高評価「A」の通貨はなし)を得たイーサリアム(ETH)やイオス(EOS)が10%を超える上昇となっている。

なお、ビットコインにおける通貨ペア別シェアでは、前日夜から日本円(日本勢)が37%とシェアを伸ばしてきており、米ドル(米国勢)を追い抜いてきている(CryptoCompare参照)。また、大きく積みあがっていたBTC先物(米ドル建て)の出来高が、直近で減り始めてきている。これらを勘案すると、大口投資家による売り仕掛け的な動きは概ね一巡した可能性が意識され、ここから本格的なリバウンドの動きとなるかどうかが注目されよう。

※ビットコイン/日本円はフィスコ仮想通貨取引所、ビットコイン/米ドル及びアルトコイン上昇率はCoin Market Capを参照。なお、ビットコイン価格については値動きの関係上、ニュース作成時から大きく変動している場合がございます。あらかじめご了承ください。



《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below