January 25, 2018 / 6:58 AM / 3 months ago

海外勢の利益確定の流れが強まるか【クロージング】


*15:51JST 海外勢の利益確定の流れが強まるか【クロージング】
25日の日経平均は続落。271.29円安の23669.49円(出来高概算15億6000万株)で取引を終えた。24日の米国市場ではダウは反発し最高値を更新したが、ハイテク株が売られており、昨日の安川電6506、ファナック6954、ソニー6758の下げ同様、センチメントを悪化させた。また、為替市場では円相場が円高に振れて推移していることも手掛けづらくさせていた。

売り一巡後には日本電産6594がプラスに転じたほか、安川電6506も戻りは鈍いものの上昇しており、やや安心感にはつながる場面もみられた。しかし、日経平均は5日線に上値を抑えられる格好となる中、円相場が1ドル108円台に入ると、断続的なインデックス売りから下げ幅を拡大させている。

東証1部の騰落銘柄は値下がり数が1500を超えており、全体の7割を占めている。セクターでは空運、電気機器、銀行、機械、その他製品、輸送用機器が軟調。一方で石油石炭、鉱業、陸運が小じっかりだった。指数インパクトの大きいところではファーストリテ9983、ソフトバンクG9984、京セラ6971、ダイキン6367、ファナック6954が重しに。

ドルベースの日経平均は高値を更新する中、海外勢の利益確定の流れが強まってきているようである。決算発表が本格化する中で積極的な売買が手控えられていることもあり、よりインデックスに絡んだ売買に振らされやすいだろう。また、米ハイテク株の下げが目立つ中、これまで相場のリード役だった半導体関連等への利益確定の流れが意識されやすく、結果、日経平均の調整につながる。

そのため、物色はテーマ性のある銘柄やインデックスに振らされにくい中小型株などに短期筋の値幅取り狙いの資金が集中しやすいとみられる。好決算企業の反応も見極めが必要なところである。ただし、利益確定の流れであって、嫌気売りといった局面にはなく、好業績銘柄については、押し目拾いのスタンスを取りたいところである。(村瀬智一)


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below