January 25, 2018 / 11:54 PM / a month ago

前場に注目すべき3つのポイント~トランプ発言で一転ドル高、自律反発意識も


*08:45JST 前場に注目すべき3つのポイント~トランプ発言で一転ドル高、自律反発意識も
26日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:トランプ発言で一転ドル高、自律反発意識も
■前場の注目材料:帝人、白色フィルム撤退、液晶ディスプレー用、付加価値品にシフト


■トランプ発言で一転ドル高、自律反発意識も

26日の日本株市場は若干の自律反発が意識されそうだ。25日の米国市場では、ハイテク株が引き続き軟調だが、主要企業の決算が好感され、NYダウが最高値を更新している。シカゴ日経225先物清算値は大阪比55円安の23605円。一方で円相場はトランプ大統領が最終的にドル高が望ましいとの認識を示したことを受けて一転ドル高に振れており、買い戻しの流れが意識されそうだ。インテルが時間外で上昇しており、ハイテク株の下支えとなるかが注目される。

もっとも、ファナック6954の決算を控えた模様眺めムードも強く、日経平均は足元のもち合いレンジ内での推移になりそうだ。物色についてもインデックスに絡んだ商いから全般しっかりとなりそうだが、先物に振らされやすい需給状況でもあり、これを避ける流れからも中小型株にシフトしやすいだろう。

また、日経平均はもち合いレンジながらも、足元の調整でシグナルが悪化傾向にある。大きくリバウンドを見せられないと短期的には陰転シグナルも点灯してくるため、手掛けづらくさせてきそうである。決算を手掛かりとした個別対応か。

(株式部長・アナリスト 村瀬智一)


■前場の注目材料

・NYダウは上昇(26392.79、+140.67)
・米キャタピラー、通期見通しは予想上回る
・日銀、大規模な金融緩和を維持
・ドル円、1ドル109円50-60銭
・米インテル、決算受けて時間外で上昇


・帝人3401、白色フィルム撤退、液晶ディスプレー用、付加価値品にシフト
・日立金5486、部門間連携を加速、機構改革


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・10:00  アルミ出荷統計(12月)
・10:10  国債買い入れオペ(残存期間1年超5年以下と10年超)(日本銀行)


<海外>
・10:30  中・工業利益(12月)    14.9%





《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below