January 26, 2018 / 9:24 AM / 6 months ago

日経平均テクニカル: パラボリックは陰転シグナルを発生


*18:15JST 日経平均テクニカル: パラボリックは陰転シグナルを発生
続落。上昇して始まったが、5日線に上値を抑えられる格好となり、その後は前日の価格水準でのこう着が続く中、一時23600円を下回る場面もみせた。結局はもち合いレンジの下限レベルでの攻防に。ボリンジャーバンドでは+1σと中心値(25日)とのレンジ内での推移が続く中、中心値寄りで推移。パラボリックはSAR値にタッチしたことにより、陰転シグナルを発生させている。一目均衡表では転換線に上値を抑えられる格好から、基準線とのレンジでの推移となった。雲を上放れて推移しているほか、遅行スパンも上方シグナルを継続しており、基調は変わらず。しかし、現在の水準でのこう着が続くと、約2週間後には遅行スパンが下方シグナルを発生させる可能性がある。週間形状では13週線やパラボリックのSAR値、ボリンジャーバンドの+1σ、一目均衡表の転換線が23300-23000円処に集中している。23500円辺りの心理的な支持線を下回ってくるようだと、週間ベースでの支持線レベルを試す可能性も意識されてきそうだ。


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below