January 26, 2018 / 9:34 AM / a month ago

米オンライン証券のロビンフッド、仮想通貨取扱いへ【フィスコ・ビットコインニュース】


*18:28JST 米オンライン証券のロビンフッド、仮想通貨取扱いへ【フィスコ・ビットコインニュース】
米オンライン証券のロビンフッドは25日、手数料無料の仮想通貨取引を開始する予定だと述べた。2月からビットコインとイーサリアムの取扱いを始め、今後数カ月で取扱い通貨を増やしていく予定だという。

同社は手数料無料の個人投資家向けトレーディングアプリ「ロビンフッド」を提供している。今回提供する「ロビンフッド・クリプト」は顧客の注文を集め、既存の取引所に注文を行う形式をとるようだ。一般的な仮想通貨取引は取引所で法定通貨やその他の仮想通貨と引き換えに売買され、顧客は取引所に手数料を支払う形式となっている。価格にはロビンフッドが取引所に支払う手数料が含まれているという。

ロビンフッドが扱う仮想通貨は、ハッカーによる盗難を防ぐためオフラインで保管される。26日には国内の仮想通貨取引所コインチェックが不正引き出し被害にあったと報じられている。安全な管理を行うとともに、より手軽に仮想通貨取引が可能になることで、仮想通貨の裾野の拡大が期待される。


《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below