January 29, 2018 / 7:29 AM / 6 months ago

ファナック、信越化のインパクトでも5日線超えられず【クロージング】


*16:23JST ファナック、信越化のインパクトでも5日線超えられず【クロージング】
29日の日経平均は小幅ながら4営業日続落。2.54円安の23629.34円(出来高概算13億2000万株)で取引を終えている。26日の米国市場ではNYダウが220ドルを超える上昇となったほか、指数インパクトの大きいファナック6954、信越化4063が先週末に発表した決算が評価される中、日経平均は23700円を回復して始まった。円相場も円高が一服する中、前場半ばには一時23787.23円まで上げ幅を広げる局面もみられた。

しかし、決算が本格化する中で積極的な売買は手控えられ、次第に利益確定の売りに押される格好となった。買い気配で始まったファナックがその後下げに転じる局面もみられるなか、日経平均は先週末の終値を挟んでのこう着となり、結局は小幅ながら4営業日続落となった。

今週は決算発表の第一弾のピークとなるが、ファナック、信越化が買い気配で始まったところまでは良かったが、ファナックについては寄付きが今日の高値だった。さらにザラバに決算を発表した大東建1878が3%を超える下げとなった他、SMK6798は下方修正が嫌気されてストップ安を付けている。今週は900社程度の決算が予定されており、結果を見極めたいとのムードも高まりそうだ。

また、米株高のほか、ファナック、信越化の決算要因でも日経平均は5日線を超えられなかった。円相場は108円台での推移となり、業績上振れ期待も高まりづらいところ。日経平均は5日、25日線に挟まれての推移となる中、まずは5日線突破を見極めたいところである。(村瀬智一)


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below