January 30, 2018 / 12:20 AM / 6 months ago

前場に注目すべき3つのポイント~決算評価も持続性を見極めたいところ


*09:19JST 前場に注目すべき3つのポイント~決算評価も持続性を見極めたいところ
30日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:決算評価も持続性を見極めたいところ
■前場の注目材料:NTN、軸受生産再編、汎用品、和歌山新工場に集約


■決算評価も持続性を見極めたいところ

30日の日本株市場は、こう着感の強い相場展開が続きそうである。29日の米国市場は、米国債利回りが2014年以来の高水準に上昇したことが嫌気され、終日軟調推移となった。また、主要企業決算やトランプ大統領の一般教書演説が予定されており、投資家の様子見姿勢が強まっていた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比75円安の23535円だった。

シカゴ先物にサヤ寄せする格好から売り先行の展開になろうが、25日線が支持線として意識される中、引き続き5日、25日線とのレンジ内での推移になろう。また、決算発表が本格化しているが、本日は200社近い決算発表が予定されている。昨日はファナック6954、信越化4063が買い気配で始まったところまでは良かったが、ファナックについては寄付きが高値だった。さらにザラバに決算を発表した大東建1878が3%を超える下げとなった他、SMK6798は下方修正が嫌気されてストップ安を付けている。

その他、富士電機6504、JSR4185、日立建機6305が決算を受けてADR市場で4%超の上昇となっている。これを受けて買いが先行することになるが、寄付き後も強い値動きをみせられるかが注目されるところ。寄付き後に弱含みとなるようだと、模様眺めムードが強まることになりそうだ。

物色としては決算を手掛かりとした中小型株に個人主体の資金が向かいやすいだろう。また、トランプ大統領の一般教書演説を控え、インフラ関連への物色が意識されそうだ。米長期金利上昇を受けた金融セクターなども注目される。

(株式部長・アナリスト 村瀬智一)


■前場の注目材料

・JSR、日立建機、決算評価でADR4%高
・日銀、大規模な金融緩和を維持
・働き方改革など政策関連への物色
・個人投資家の物色意欲の強さ


・NTN6472、軸受生産再編、汎用品、和歌山新工場に集約
・エイチワン5989、研究開発人員を集約、栃木・那須烏山、量産化まで橋渡し


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・特になし


<海外>
・特になし





《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below