February 1, 2018 / 12:53 AM / 3 months ago

個別銘柄戦略:JPHDや大正薬HDに注目


*09:45JST 個別銘柄戦略:JPHDや大正薬HDに注目
米株高の流れを受けて自律反発が意識される。算発表が本格化しているため機関投資家は動けないが、昨日引け間際に大きく売られた富士フイルム4901は、ADR市場で5%近く上昇しており、安心感につながりそうである。また、米国では半導体のAMDが決算評価から出来高を伴っての上昇となっており、ハイテク株への支援材料になる。その他、決算では任天堂7974がポジティブ。そのほか、きょうのザラバ決算では、JPHD2749、メイテック9744、大正薬HD4581、インターワークス6032、IRJ HD6035、科研薬4521、新日鉄住5401、日新製鋼5413、ハードオフ2674、中発条5992、東海理化6995、カーディナル7855、三京化8138、相鉄HD9003が注目される。また、米国ではアマゾン、アップル、アルファベットの決算が予定されている。FAANG銘柄の上昇期待などもハイテクの押し目買いに向かわせそうだ。
《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below