February 1, 2018 / 11:45 PM / 3 months ago

前場に注目すべき3つのポイント~利食い一巡後は決算を手掛かりとした個別対応に


*08:39JST 前場に注目すべき3つのポイント~利食い一巡後は決算を手掛かりとした個別対応に
2日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:利食い一巡後は決算を手掛かりとした個別対応に
■前場の注目材料:旭化成、欧で合成ゴム、低燃費タイヤ用、400億円、新工場検討


■利食い一巡後は決算を手掛かりとした個別対応に

2日の日本株市場は、前日の大幅反発の反動もあり、ややこう着感の強い相場展開になりそうだ。1日の米国市場では債券利回りの高止まりが警戒され、上値の重い展開となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比155円安の23285円となり、朝方は利益確定の流れが先行する格好になろう。

その後は週末要因のほか、米雇用統計を控えていること、本日は決算発表が180社程度控えていることなどから、模様眺めムードが強まりやすい。もっとも、日経平均は昨日の上昇で心理的な上値抵抗だった5日線を突破して25日線に接近しており、ここからは強弱感が対立しやすい水準ではある。そのためこう着といっても想定内の動きになりそうだ。

また、決算についても好決算を評価する流れがみられているが、一方で下方修正などへの反応も大きく、結果的には決算を見極めたいところである。米国ではフェイスブックの決算が評価されたほか、取引終了後に発表したアマゾンについても、予想を上回る決算内容となり、時間外で上昇している。利食い一巡後はハイテク株への押し目買いが意識されるほか、金利上昇を背景とした金融セクターの動向も注目されよう。

(株式部長・アナリスト 村瀬智一)


■前場の注目材料

・米アマゾン、決算評価で時間外上昇
・米インフラ投資に1.5兆ドル
・NYダウは上昇(26186.71、+37.32)
・NY原油は上昇、(65.80、+1.07)
・マザーズは上昇(1343.08、+29.70)
・日経平均は上昇(23486.11、+387.82)
・日銀、大規模な金融緩和を維持
・好業績銘柄への資金シフト
・米1月ISM製造業景況指数59.1(予想58.6)

・旭化成3407、欧で合成ゴム、低燃費タイヤ用、400億円、新工場検討
・明電舎6508、IoTで改善、国内8工場、人とモノ見える化


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・特になし


<海外>
・特になし





《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below