February 4, 2018 / 11:55 PM / 18 days ago

「くりっく株365」にも資金回帰の動きの可能性か


*08:53JST 「くりっく株365」にも資金回帰の動きの可能性か
東京金融取引所(金融取)が手掛ける取引所為替証拠金取引「くりっく365」では、1月の取引数量は前月比20.0%増の248万2513枚。1日の平均取引数量も11万2839枚と前月比で増加した一方、月末時点の証拠金預託額は4547億円と前月比で31億円増加した。取引通貨量では、米ドル、南アフリカランド、トルコリラの順と前月と同様になっている。なお、10月30日にスタートしたメキシコペソ・円の取引数量は8万7677枚で、全体のシェアは3.5%となった。

一方、取引所株価指数証拠金取引「くりっく株365」では、1月の取引数量は前月比21.6%増の61万7705枚。1日の平均取引数量も2万8078枚と前月比で増加したほか、月末時点の証拠金預託額は581億円と前月比で9億円増加している。

足元で何かと話題に上がっているビットコインだが、1月に起きた国内大手仮想通貨取引所における不正アクセス問題をきっかけにじりじりと値動きレンジを切り下げる展開となっている。現状1月の「くりっく365」では、ドルやユーロなど主要通貨のほか、南アフリカランドなどの新興国通貨にはさほど目立った値動きは観測されていないものの、取引数量は増加基調が続く。昨年よりあらゆる金融商品からビットコインなどの仮想通貨へと投資資金が向かう動きが度々観測されていたが、逃避していた資金が回帰する動きも出てくる可能性がある。また、1月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で物価見通しの上方修正がなされたことを背景に市場では3月の追加利上げ観測が拡大している。米国及びユーロ圏をはじめとする海外経済指標が堅調であるなかで、米長期金利の上昇からドル買い・円売り基調が継続しやすい地合いが目先は想定されよう。

他方、日米企業の決算発表も本格化するなかで市場のコンセンサスを上回る主力企業の決算も散見されており、引き続き国内外の業績期待が高いことが確認されている。これを受け、昨年12月に取引数量の落ち込みがみられた「くりっく株365」などへも先高期待の高いことから資金回帰の動きが出てくる可能性を意識しておきたいところだ。

(写真提供:東京金融取引所)


《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below