February 5, 2018 / 7:20 AM / 8 months ago

決算評価の銘柄へは日替わり的に資金が向かいやすい【クロージング】


*16:16JST 決算評価の銘柄へは日替わり的に資金が向かいやすい【クロージング】
5日の日経平均は大幅に続落。592.45円安の22682.08円(出来高概算18億8000万株)で取引を終えた。一時22659.43円まで下げ幅を広げる局面もみられており、昨年12月半ば以来の水準まで下げている。2日の米国市場でNYダウは665ドル安と大きく下落し、25日線を一気に割り込んだ。シカゴ日経225先物清算値は23000円を下回っており、これにサヤ寄せする格好となった。いったんは下げ渋る局面もみられたが、円相場が1ドル110円を割り込んだほか、グローベックスのNYダウ先物が200ドル程度下げるなか、じりじりと下げ幅を広げている。

東証1部の騰落銘柄は値下がり数が1900を超えており、全体の9割を占めた。セクターでは33業種全てが下げており、石油石炭、非鉄金属が4%を超える下落。鉱業、ガラス土石、金属、パルプ紙、機械が3%を超える下げとなった。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ9983、ファナック6954、京セラ6971、信越化4063、ソフトバンクG9984が重し。

日経平均は支持線として意識されていた13週線をあっさり割り込み、75日線レベルまで下げている。一目均衡表では雲上限レベルまで下げてきており、一気に自律反発が意識される水準まで下げてきている。一方で上値は13週線が位置する23000円処が今後抵抗線として意識されそうだ。

ただ、ソニー6758、ホンダ7267など決算が評価された銘柄は終日堅調な展開となるなど、地合いは悪くないだろう。今週は大きくの企業の決算発表が控えており、模様眺めムードは強いと考えられるが、決算評価の銘柄へは日替わり的に資金が向かいやすいと考えられる。(村瀬智一)


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below