March 9, 2018 / 10:11 AM / 6 months ago

米国株見通し:雇用統計や米朝急展開への反応見極めへ


*19:05JST 米国株見通し:雇用統計や米朝急展開への反応見極めへ
S&P500先物 2738.50(-0.75) (18:45現在)
ナスダック100先物 6973.75(-0.50) (18:45現在)

18:45時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は小動きに推移している。また、NYダウは10ドル高程度で推移。欧州市場は全般小安く推移している。原油相場は小幅に上昇して推移している。この流れを受けて、9日の米株式市場はやや小じっかりでのスタートになりそうだ。

8日の米株式市場は、注目されていたトランプ米大統領による関税計画の詳細発表では、カナダとメキシコへの関税適用を除外し、他の同盟国にも交渉余地を残すことが明らかとなった。既に報道されていたことではあるが、一先ず貿易戦争への警戒感が和らぐ格好から上昇。

市場の注目は雇用統計となるが、前哨戦であったADP雇用報告が予想を上振れていたこともあり、コンセンサスを上回ってくる可能性はありそうだ。もっとも、予想を下回ったとしても利上げ加速ペースへの思惑等はくすぶるため、内容としては予想通りから若干の上振れが市場反応にとってはベストであろう。また、日本時間では反応はみられなかったが、北朝鮮の金正恩委員長はトランプ米大統領に早期の会談を要請し、トランプ大統領は5月までに会談すると応じたと報じられたことに対する市場反応が注目される。少なくとも5月までは地政学リスクは後退。足元のVIX指数は安定推移をみせている。


《KK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below