March 13, 2018 / 7:24 AM / 2 months ago

国内政治リスク警戒も需給面で下げづらいか【クロージング】


*16:19JST 国内政治リスク警戒も需給面で下げづらいか【クロージング】
13日の日経平均は4営業日続伸。144.07円高の21968.10円(出来高概算12億2000万株)で取引を終えた。12日の米国市場では通商政策への先行き懸念からNYダウが反落する一方、ナスダックは7営業日続伸となり、連日で最高値を更新。シカゴ日経225先物清算値は大阪比160円安の21560円だった。シカゴ先物にサヤ寄せする格好から売りが先行したものの、米ハイテク株の強い値動きとの連動性から、下値の堅さが意識された。

国内政治リスクへの警戒から弱含みの状態が続いていたが、日経平均は25日線が支持線として意識される状況。反対に海外勢による買戻しと見られる流れが続いており、後場はじりじりと切り返す展開。大引け間際にプラス圏を回復すると、大引けにかけて更に上げ幅を広げており、結果、本日の高値で取引を終えている。東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1500を超えており、全体の7割を占めている。

日経平均は25日線を支持線にリバウンドをみせており、5営業日ぶりに陽線を形成している。調整トレンドラインの中でのレンジ上限レベルであるため、ここからの一段の上昇を見極める必要があるが、需給的には海外勢の買い戻しが意識されやすいところであろう。とはいえ、国内政治リスクへの警戒感がない訳ではないが、欧米など外部環境が落ち着きをみせているなか、海外勢の買戻しは意識されやすいだろう。先物主導のインデックス売買に振らされやすいところではあるが、期末接近での貸株返却への思惑等も意識されるところであろう。(村瀬智一)


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below