March 15, 2018 / 12:12 AM / 3 months ago

個別銘柄戦略:大和オフィスやヤクルトが注目される


*09:07JST 個別銘柄戦略:大和オフィスやヤクルトが注目される
売り先行の展開となろうが、25日線辺りでの底堅さも意識されそうだ。トランプ米政権が中国からの輸入品のうち最大600億ドルに相当する製品に関税を課すことを計画していることについては織り込み済みであり、改めて売り直される流れにはなり難い。ナスダックは続落となったが、SOX指数は小幅ながらも上昇と、米ハイテク株の底堅さがみられている。東エレク8035等の底堅さがみられてくるようだと、日経平均も下げ渋る展開が意識されやすいだろう。政治リスク等を避ける流れもあり、業績のほか、格上げ等を手掛かりとした個別物色ではあるが、中小型株にシフトしやすい。また、値ごろ感からの水準訂正の動きに期待。個別で格上げ等が観測されているところでは、大和オフィス(8976)、ヤクルト(2267)、アルバック(6728)、オルガノ(6368)、日製鋼(5631)に注目。
《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below