March 19, 2018 / 3:24 AM / 8 months ago

東京為替:ドル・円は下げ渋り、国内勢は押し目買い


*12:18JST 東京為替:ドル・円は下げ渋り、国内勢は押し目買い
19日午前の東京市場でドル・円は下げ渋り。日本株安を背景にドル売り・円買いが先行したものの、国内勢の買戻しでドルの下げは一服した。

ドル・円は、日経平均株価の弱含みを背景にリスク回避的なドル売り・円買いが先行し、ドルは一時105円70銭台まで弱含んだ。その後は国内勢による押し目買いで、ドルは下げ渋った。

ランチタイムの日経平均先物はマイナス圏ながら下げ幅を縮小しており、日本株の持ち直しへの期待から円買いは弱まりそうだ。ただし、節目付近の売りに押され戻りは鈍いだろう。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円75銭から106円13銭、ユーロ・円は129円74銭から130円37銭、ユーロ・ドルは1.2265ドルから1.2292ドルで推移した。

【要人発言】
・日銀金融政策決定会合(主な意見:3月8-9日開催分)
「2%実現までなお距離があり、緩和の度合い次第に縮小していく意味での正常化を具体的に検討する局面にはない」
「物価安定目標の達成が遅れるリスクが高まれば追加緩和が必要になる」
「緩和余地は大きくなく、デフレ脱却のためには財政政策の協力が必要」
「プライマリーバランスの黒字化は、経済・物価・金融状況を踏まえ、適切な定量的目標を定めて目指すことが望ましい」

【経済指標】
・日・2月貿易収支:+34億円(予想:+891億円、1月:-9441億円)


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below