March 19, 2018 / 7:45 AM / 4 months ago

中小型株の下げがきつくセンチメントが悪化【クロージング】


*16:43JST 中小型株の下げがきつくセンチメントが悪化【クロージング】
19日の日経平均は大幅に続落。195.61円安の21480.90円(出来高概算12億株)で取引を終えた。先週末の米国市場は上昇したが、この反応は限られている。一方で国内政治リスクへの警戒感から、ポジション圧縮の流れが強まる展開となった。参院予算委員会は、学校法人「森友学園」に関する決裁文書を財務省が書き換えた問題をめぐり、集中審議が開かれるなか、行方を見極めたいとの模様眺めムードに。また、内閣支持率が低下し、不支持率と逆転した点も手掛けづらくさせている。

21600円を下回って始まった日経平均は、その後21600円を回復する場面もみられた。しかし、先物主導のインデックス売りが断続的に出ているとみられ、主力大型株が日経平均を押し下げる格好から、前場半ばには21400円を下回っている。後場は21500円を挟んでの底堅さが意識されていたが、一方で、中小型株の下げがきつくセンチメントが悪化している。東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が8割を超えた。

日経平均は25日線を下回っての値動きが続いた。ただ、21500円を挟んでの膠着であり、底堅さは意識されている。しかし、マザーズ指数が2.9%の下げとなるなど、中小型株の弱さが目立っている。足元で強い値動きが続いていた銘柄などには、利益を確定させる動きが強まった格好である。マザーズ指数、JASDAQ平均いずれも緩やかなリバウンドが続いていたが、両指数ともに25日線を割り込んできている。

週明けの米国市場の動向にもよるだろうが、明日も不安定な値動きが続きそうである。翌日は春分の日の祝日を挟むこともあり、より積極的な売買が手控えられよう。中小型株が一段の調整ともなると、需給懸念が相当強まる可能性がある。一方で、優待や配当志向の物色は意識されやすく、イレギュラー的な価格形成となる中では、押し目拾いの妙味がありそうだ。(村瀬智一)


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below