March 19, 2018 / 10:25 AM / 6 months ago

米国株見通し:引き続き通商警戒などで方向感掴みづらい


*19:20JST 米国株見通し:引き続き通商警戒などで方向感掴みづらい
S&P500先物 2743.00(-13.00) (19:05現在)
ナスダック100先物 6962.75(-83.50) (19:05現在)

19:05時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は下落して推移している。また、NYダウは120ドル安程度で推移。欧州市場は下落して推移している。原油相場は小幅に下落して推移。この流れを受けて、19日の米株式市場はやや売り先行でのスタートになりそうだ。

16日の米株式市場は、良好な経済指標の発表が材料視される一方で、通商問題への不透明感が手掛けづらくさせている。NYダウは良好な経済指標の発表が相次ぐものの、米中通商問題への警戒感等から、方向感が掴みづらくなってきている。

25日線を挟んでのもち合いが続いており、煮詰まり感が台頭してきているほか、一目均衡表では薄いながらも雲下限での推移となっており、早期の雲突破を見極める必要がある。遅行スパンは2月の急落局面を通過してくることから、いったんは上方シグナルを発生させてくる。ただし、現状の価格水準が続くと、来週にも下方シグナルを発生させてくる可能性が高まる。

20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が19、20日、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開かれるが、保護主義政策への行方が注目される。その他、20-21日にかけてFOMC (連邦公開市場委員会) が開催され、会合終了後にはパウエルFRB議長の初会見も予定されている。先日発表されたベージュブックや雇用統計は概ね良好な内容となり、利上げはほぼ確実な状況。今後の追加利上げペースについて緩やかな見通しを示唆するかどうかにに注目したい。


《KK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below