March 19, 2018 / 11:41 PM / 4 months ago

今日の為替市場ポイント:米FOMC前で様子見姿勢強まる


*08:38JST 今日の為替市場ポイント:米FOMC前で様子見姿勢強まる
19日のドル・円相場は、東京市場では106円15銭から105円68銭まで下落。欧米市場でドルは106円31銭まで買われた後、105円78銭まで反落し、106円07銭で取引終了。

本日20日のドル・円は、106円台前半で推移か。米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて模様眺めムードが強まる中、持ち高調整目的のドル買いが目立つ。日経平均株価の動きをながめ、106円台前半でこう着状態となりそうだ。

海外市場での流れを引き継ぎ、持ち高調整目的のドル買い・円売りが強まっている。ただ、米長期金利の小幅な上昇がドルの下支え要因となっている。

20日(米東部時間)から開催されるFOMCを控えて、市場の様子見姿勢が一段と強まっている。市場では米連邦準備制度理事会(FRB)が政策金利を0.25%引き上げる公算が大きい。CMEグループのフェドウォッチでは(3月19日時点)では、0.25ポイントの追加利上げが行なわれる確率は94.4%まで上昇している。

また、同時に発表される政策金利見通し「ドットチャート」や景気・インフレ見通しに注目が集まっている。市場では年内の利上げ回数について、3回と4回に見解が分かれており、今後の金融政策の動向を見極めるためにもパウエルFRB議長の記者会見での発言が注視されている。本日の東京市場は日経平均株価の動きをにらみ、106円台前半で小動きに推移する展開となりそうだ。




《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below