October 25, 2018 / 3:08 AM / 19 days ago

注目銘柄ダイジェスト(前場):千趣会、島精機、ipsなど


*12:00JST 注目銘柄ダイジェスト(前場):千趣会、島精機、ipsなど


GMO-FH7177:700円(-27円)
大幅に反落。格付投資情報センター(R&I)から新規に「BBB」の発行体格付を取得したと発表している。見通しは「安定的」。ただ、25日に18年12月期第3四半期累計(18年1-9月)の決算発表を控え売り優勢となっている。18日に営業利益(速報)が株式等委託手数料の増加などで93.99億円(前年同一期間実績61.26億円)になったと発表したが、最近の株式相場の下落を受け、通期業績の伸びは期待しにくいとの見方が広がっている。


千趣会8165:331円(-43円)
大幅続落。希望退職の募集や大阪市の本社を売却するほか、業績不振を受けた社長の退任など、抜本的なリストラに乗り出すと一部で報じられている。一方、成長分野である婚礼事業の出資先、ワタベウェディング4696においてMBOを巡る内部対立が発生しており、再建に向けた足かせになる可能性も残るとされている。なお、会社側では業績改善に向けて様々な可能性を検討しているが現段階で決定している事実はないとしている。


西松建1820:2520円(-197円)
急反落で年初来安値。みずほ証券では投資判断を「買い」から「中立」に格下げ、目標株価も3550円から2800円に引き下げ。公共事業費率の高さはポジティブとしているが、営業キャッシュフローの水準が低いことをディスカウント要因として評価、割安感が乏しいと判断している。また、来期の営業利益は減益を見込んでいるようだ。なお、みずほ証券では同社のほか、大成建設1801、五洋建設1893、前田建設1824などの投資判断も格下げしている。


東エレク8035:14045円(-600円)
大幅続落。米国半導体関連株が決算発表を受けて下落しており、国内関連株にもネガティブな見方が波及している。テキサス・インスツルメンツの先行き業績見通しなどが嫌気される格好で、前日の米SOX指数は6.6%の大幅下落となっている。また、取引終了後に決算を発表したAMDも、画像処理半導体の低調推移などが嫌気されている時間外取引で急落となっている。


LINE3938:3605円(-355円)
急落。前日に発表した第3四半期決算が嫌気材料となっている。累計営業利益は67.5億円で前年同期比72.4%減益、7-9月期は35.8億円の営業赤字となっている。市場コンセンサスは20-30億円程度の黒字であったため、予想外の収益悪化と捉えられている。戦略投資事業の赤字が拡大しているほか、ディスプレイ広告の成長鈍化や営業費用の増加などコア事業の収益性も低下する形になっている。


島精機6222:3725円( - )
ストップ安売り気配。前日に業績予想の下方修正を発表、上半期営業利益は63億円から43億円に、通期では160億円から半減の80億円に減額修正している。上半期配当金も従来予想の35円から30円に引き下げ、期末配当金は未定としている。OEM生産拠点のバングラデシュにおいて、不安定な国内政治情勢を受けて設備投資が低調となっているもよう。また、シューズ生産向けの横編機も競争環境厳しく想定以上に売上が落ち込んでいるようだ。


花王4452:7307円(-240円)
大幅続落。前日に第3四半期の決算を発表、累計営業利益は1422億円で前年同期比3.2%増益、7-9月期では514億円で同2.0%増益、市場予想を50億円程度下回っている。通期会社計画の上振れ期待が後退する状況になっているもよう。中国向けベビー用紙おむつの回復遅延が背景とみられる。転売品の在庫調整が続いているほか、品質向上を受けて現地メーカーのシェアが上昇していることなどが要因に。


ips4390:8570円(-1000円)
大幅に反落。19年3月期第2四半期累計(18年4-9月)の営業利益を従来予想の4.08億円から4.72億円(前期実績3.86億円)に上方修正している。フィリピン国内通信事業が早期に黒字となったほか、医療・美容事業でレーシックが好調だった。通期予想(前期比2.1%増の9.21億円)は据え置き。進捗率は51.2%にとどまっており、材料出尽くしと見た向きが売りを出している。また、営業外収益として為替差益1.55億円を計上する。


太洋工業6663:620円(+34円)
大幅に4日続伸。18年12月期第3四半期累計(17年12月-18年9月)の営業損益が1.15億円の黒字(前年同期実績0.58億円の赤字)になったと発表している。電子基板事業で量産案件及び高難度製品の受注増により医療機器メーカー向けなどが順調に伸びた。基板検査機事業でも外観検査機及び通電検査機が好調だった。通期予想は0.40億円の黒字で据え置いたが、第3四半期で既に上回っており、上方修正期待が広がっている。




《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below