October 25, 2018 / 3:43 AM / 22 days ago

後場に注目すべき3つのポイント~米国株急落受け全面安商状、後場は下げ渋りか


*12:38JST 後場に注目すべき3つのポイント~米国株急落受け全面安商状、後場は下げ渋りか
25日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は急反落、米国株急落受け全面安商状、後場は下げ渋りか
・ドル・円は下げ渋り、米株反発期待で売り一服
・値下がり寄与トップは、ファーストリテ9983、同2位はソフトバンクG9984

■日経平均は急反落、米国株急落受け全面安商状、後場は下げ渋りか

日経平均は急反落。618.30円安の21472.88円(出来高概算7億6900万株)で前場の取引を終えた。24日の米国市場では、長期金利上昇による影響や世界経済減速への懸念が根強く、大幅下落となった。地区連銀経済報告(ベージュブック)では、多くの地域で緩やかな景気拡大が確認されたものの、関税によるコスト上昇への懸念が示され、引けにかけて下げ幅を拡大した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比625円安の21405円となり、こちらにサヤ寄せする格好で朝方から日経平均は大きくマドを空けて売りが先行した。中国株式市場の取引開始前に一時800円を超える下落幅となる場面もみられたが、その後は下げ渋る動きに。

東証1部の値下がり銘柄数は2039銘柄となっており、全体の96%以上を占めた。東京市場が全面安商状となるなか、指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ9983とソフトバンクG9984の2銘柄で日経平均に対して約99円分の押し下げ要因になった。

日経平均は足元の急ピッチの下落を受けて、支持線として意識されてきたラインを次々と割り込む格好となっており、前日までキープしていた52週線水準も本日大きく下回った。消極的な見方では、下値メドとしては3月23日の終値ベースの年初来安値(20617.86円)までの調整も視野に入りつつあるだろう。とはいえ、2月のVIXショック後の下落局面でいったん2月中旬から3月初旬にかけて支持線として働いた心理的節目でもある21000円処が、目先は大方のレジスタンスラインとして意識されてこよう。

足元の日本株の需給状況としては、先週半ばから225先物ではクレディ・スイス、TOPIX先物ではバークレイズが連日で大きく売り越している状況だ。クレディ・スイスはヘッジファンドなどの短期筋、バークレイズは欧州の年金など比較的長期目線の投資家の売買動向を示す側面を持つが、長期化するサウジアラビア問題やイタリア予算案、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る問題など厳しい外部環境のなかで、11月6日の米中間選挙を前にキャッシュポジションに戻す動きを指摘する声も市場では聞かれている。

本日はキヤノン7751、サイバーエージェント4751、野村総合研究所4307、日立建機6305などの企業決算が控えており、本格化する国内の企業決算発表を見極めたいとするムードも強まりやすいだろう。とりわけ、個別では今期の想定為替レートを1ドル=100円に据えている日立建機の動向に注目が集まろう。相場全体の地合いとしては、中国株をはじめとしたアジア株が下げ幅を縮小していることを背景に、日経平均が後場も大きく売り込まれる可能性は後退しつつあるとみられる。


■ドル・円は下げ渋り、米株反発期待で売り一服

25日午前の東京市場でドル・円は下げ渋り。日本株の大幅安を受けた円買いでドル売り先行も、先物指数による米国株反発期待からドル売りは一服した。

ドル・円は、24日の米大幅株安を受け日経平均株が前日終値比800円安の軟調地合いとな
り、円買いがドルを111円80銭台まで押し下げた。また、上海総合指数などアジア株全般も弱含み、世界株安を警戒した円買いが続いた。

また、ランチタイムの日経平均先物は引き続き大幅安で、後場の日経平均株価の軟調地合い継続が予想される。ただ、米株式先物はプラス圏に反転しており、今晩の米株反発を期待したドルの買戻しも観測される。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円82銭から112円26銭、ユーロ・円は127円50銭から127円98銭、ユーロ・ドルは1.1391ドルから1.1413ドルで推移した。


■後場のチェック銘柄

・ワタベウェディング4696や幸和製作所7807など、7銘柄がストップ高

※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・値下がり寄与トップは、ファーストリテ9983、同2位はソフトバンクG9984


■経済指標・要人発言

【要人発言】

・若田部日銀副総裁
「資産価格の上昇に対して予防的に金融引き締め政策を取るべきか、依然として議論がある」
「金融危機の発生にあたっては、事後的な政策対応が極めて重要」

【経済指標】

・NZ・9月貿易収支:-15.60億NZドル(予想:-13.65億NZドル、8月:-14.70億NZドル←-14.84億NZドル)


<国内>
・安倍首相訪中(27日まで)

<海外>
特になし





《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below