October 25, 2018 / 7:09 AM / 22 days ago

マザーズ先物概況:急落、節目の900pt割れ


*16:00JST マザーズ先物概況:急落、節目の900pt割れ
25日のマザーズ先物は急落し、前日比59.0pt安(6.22%安)の889.0ptで取引を終えた。高値は919.0pt、安値は889.0pt、売買高は3463枚。前日の米国市場で、ハイテク関連企業の先行き業績に対する警戒感が高まり、ナスダック総合指数やSOX指数といったテクノロジー関連指数が大幅に下落したため、東京市場でも半導体関連株が売られ、ハイテクセクターの上場企業の多いマザーズ市場にも売りが波及し、マザーズ先物は一時前日比59.0pt安の889.0ptと節目の900.0ptを大きく割り込んだ。その後は、時間外取引での米国株価指数先物の反発などを背景に押し目買いも散見されたものの、ポジションを手仕舞う動きが引けにかけて強まった。個別では、中国の個人投資家との間で香港合弁会社設立に関する基本合意書を締結したと発表したメディア工房3815が一時ストップ高水準まで買われ、逆行高になった。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below