October 26, 2018 / 8:32 AM / a month ago

欧米為替見通し:ドル・円は戻りの鈍い展開か、堅調な米GDPも株安に警戒


*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は戻りの鈍い展開か、堅調な米GDPも株安に警戒
26日の欧米外為市場では、ドル・円は戻りの鈍い展開を予想する。112円付近ではドルの買い戻し意欲が観測されるほか、今晩発表の米国の7-9月期国内総生産(GDP)速報値は堅調な内容が見込まれ、ドル買いに振れやすい。ただ、米国株の不安定な値動きに警戒が根強く、ドル・円の上昇は限定的になろう。

前日の海外市場では、欧州中央銀行(ECB)ドラギ総裁がユーロ圏経済に不透明性を指摘したため、来年夏以降の利上げの可能性に懐疑的な見方が広がったほか、米国株が大きく切り返したことで、ドル買いが強まった。ドル・円は株価の大幅反発を受け、112円67銭まで強含む場面もあった。本日のアジア市場でも序盤はその流れを受け、市場センチメントが改善。しかし、米株式先物や上海総合指数が下げに転じると、日経平均株価もそれに呼応してマイナス圏に沈んだ。今週業績発表した米企業のうち、キャタピラーの通期見通し据え置きのほか、アマゾンの期別売上高の伸び率鈍化などが想起され、今晩の米株反落を警戒したドル売り・円買いに振れそうだ。

ただ、ドル・円は111円台に下げても押し目買いで112円前半に押し戻されるケースが目立ち、目先的に底堅い値動きが予想される。そうしたなか、本日は米国の7-9月期GDP速報値の発表が注目されよう。市場コンセンサスは前期比年率+3.3%と、4-6月期の+4.2%から減速するものの、依然として高水準であり、連邦準備制度理事会(FRB)による引き締め継続方針を後押しする材料となりそうだ。また、前日のECB理事会以降も下落基調が続くユーロには先安観が強く、ドルに資金が入りやすい。とはいえ、米株安への警戒感も根強く、ドル・円の上昇は抑えられるだろう。(吉池 威)

【今日の欧米市場の予定】
・17:00 欧州中央銀行(ECB)専門家予測調査
・21:30 米・7-9月期GDP速報値(前期比年率予想:+3.3%、4-6月期:+4.2%)
・23:00 ドラギECB総裁講演(ブリュッセル)
・23:00 米・10月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値(予想:99.0、速報値:99.0)





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below