October 30, 2018 / 7:37 AM / 14 days ago

マザーズ先物概況:大幅反発、割安感意識で買い戻しの動き


*16:30JST マザーズ先物概況:大幅反発、割安感意識で買い戻しの動き
30日のマザーズ先物は変わらずを挟んで9日ぶりに大幅反発した。前日比30.0pt高の863.0ptで取引を終えた。高値は865.0pt、安値は819.0pt、売買高は5677枚。足元の急ピッチの株価下落により新興市場の銘柄に対する割安感が意識されるなか、朝安の日経平均がプラスに転じたことから、マザーズ先物にも買い戻しの動きが広がった。また、個別では、指数インパクトの大きいメルカリ4385やMTG7806、ミクシィ2121などが堅調に推移したことも、個人投資家のセンチメント好転に寄与した。ただ、今夜に米ソーシャルネットワーキングサービス大手フェイスブック(FB)の決算発表が控えている。市場からは「個人情報の不正流出問題に絡んで、業績が大幅に悪化するなど先行き不透明感が強まれば、米国市場は再びリスクオフの動きになる」との声も聞かれており、ナイトセッションにかけて資金の逃げ足の速さが意識される可能性がある点には注意が必要である。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below