October 30, 2018 / 6:43 PM / 13 days ago

10月30日のNY為替概況


*03:35JST 10月30日のNY為替概況
 
 30日のニューヨーク外為市場でドル・円は、112円98銭まで上昇後、112円68銭まで弱含み、112円85銭で引けた。

米10月消費者信頼感指数が予想を上回り18年ぶり高水準に達し、米債利回りの上昇に伴うドル買いが優勢となった。

ユーロ・ドルは、1.1382ドルまで上昇後、1.1341ドルまで下落し、1.1345ドルで引けた。

ドイツのインフレ率が予想以上に上昇したためいったんユーロ買いが強まった。しかし、イタリアの混乱が継続しているほか、ユーロ圏の第3四半期国内総生産(GDP)で成長が4年ぶりの低い伸びに減速したため、金利先高感を受けたユーロ買いが大幅に後退し、戻りは鈍かった。

ユーロ・円は、128円44銭まで上昇後、127円97銭まで下落。

ポンド・ドルは、1.2778ドルから1.2696ドルまで下落した。

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)のレポートを受けて、英国の合意のないEU離脱への警戒感や格下げへの懸念が強まり、ポンド売りが加速。また、早期総選挙の可能性など、政局不透明感もポンド売り材料となった。

ドル・スイスは、1.0009フランから1.0051フランまで上昇した。

  

[経済指標】・米・8月S&PコアロジックCS20都市住宅価格指数:前年比+5.49%(予想:+5.80%、7月:+5.90%←+5.92%)・米・10月消費者信頼感指数:137.9(予想:135.90、9月:135.3←138.4)・独・10月消費者物価指数速報値:前年比+2.5%(予想:+2.4%、9月:+2.3%)

    
《KY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below