November 1, 2018 / 3:41 AM / 15 days ago

後場に注目すべき3つのポイント~海外イベント前に戻り売り圧力強く


*12:38JST 後場に注目すべき3つのポイント~海外イベント前に戻り売り圧力強く
1日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は3日ぶり反落、海外イベント前に戻り売り圧力強く
・ドル・円は下げ渋り、中国株高や米株高観測で
・値下がり寄与トップは、KDDI9433、同2位はソフトバンクG9984

■日経平均は3日ぶり反落、海外イベント前に戻り売り圧力強く

日経平均は3日ぶり反落。170.68円安の21749.78円(出来高概算8億5000万株)で前場の取引を終えた。前日の米国市場では、主要企業の決算や市場予想を上回った10月ADP雇用統計などの経済指標のほか、米連邦準備制度理事会(FRB)がメガバンクを除く金融機関の資本要件緩和を検討していることも好感されて強い動きとなった。一方で、1ドル=113円割れとなった為替相場などを受け、シカゴ日経225先物清算値は大阪比110円安の21770円となり、こちらにサヤ寄せする格好で朝方から日経平均は売りが先行した。節目の22000円を前に、足元の急ピッチの上昇を受けた利益確定売りの動きが寄付直後から強まり、日経平均の下げ幅は一時200円超えとなった。中国株をはじめとするアジア株式市場の堅調なスタート推移を受け、一時下げ幅を縮小する場面もみられたが、戻り売り圧力の強さからプラスに転じるには至らなかった。

東証1部の値下がり銘柄数は1025銘柄となっており、全体の49%程度を占めた。しかし、指数インパクトの大きいKDDI9433とソフトバンクG9984の2銘柄で日経平均に対して約178円分の指数押し下げ要因になった。前日にNTTドコモ9437が、携帯電話料金を19年4-6月に2-4割引き下げると発表したことが警戒材料視されているもよう。ドコモではそれに伴い、20.3期からの営業減益を見込んでいるようだ。競争激化に伴い、通信大手3社は追随値下げが想定される状況となっており、目先の業績への影響を懸念する動きが先行している。

日経平均は、直近の価格帯別売買高において商いの集中している22000-23000円のレンジを前に戻り売り圧力は非常に強く、この水準を明確に抜けてこないと目先はショートカバーの流れにも期待しにくいだろう。また、週末にかけて米国雇用統計をはじめとした海外における重要な経済指標発表や、今晩は米国のFAANG銘柄の一角であるアップルの決算も控えている。足元でフェイスブックは決算を受けて買われているものの、これまで発表されたアマゾンやアルファベットなど米国のグロース株の業績はまちまちである。こういった状況下からも同社(アップル)の決算に対する市場注目度も高まりやすいところだろう。これら相場イベントを前に、前日までの2営業日で800円近い急ピッチの上昇となった日経平均に対しては、いったん持ち高調整の動きが出やすくなるとみられる。前引け時点の東京市場では、マザーズ指数やジャスダック平均のほか、東証1部の中小型株指数は比較的底堅く、後場にかけて日経平均の上値が重くなるなかで短期的な値幅取りの動きが増える可能性も意識しておきたい。


■ドル・円は下げ渋り、中国株高や米株高観測で

1日午前の東京市場でドル・円は下げ渋り。日本株安を背景に円買いが先行し、ドルは112円後半に値を下げた。ただ、中国株高や米株高観測で、円買いは限定的。

ドル・円は、前日の海外市場で月末の調整売りに押され、112円台に水準を下げた。本日のアジア市場では、日経平均株価が通信株の弱含みなどで前日比200円超下げる場面もあり、円買い先行でドルは一時112円72銭に値を下げた。

ランチタイムの日経平均先物は軟調地合いが続き、日本株安継続を警戒した円買いに振れやすい展開となっている。ただ、上海総合指数はプラス圏を、米株式先物は堅調地合いを維持しており、円買いは強まっていないようだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円72銭から112円99銭、ユーロ・円は127円62銭から127円86銭、ユーロ・ドルは1.1308ドルから1.1332ドルで推移した。


■後場のチェック銘柄

・高見沢サイバネティックス6424やRIZAPグループ2928など、10銘柄がストップ高

※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・値下がり寄与トップは、KDDI9433、同2位はソフトバンクG9984


■経済指標・要人発言

【要人発言】

・ムーディーズ

「中国の所得税引き下げ計画は地方自治体にとってっクレジットネガティブ」

【経済指標】

・豪・9月貿易収支:+30.47億豪ドル(予想:+17.00億豪ドル、8月:+23.42億豪ドル←+16.04億豪ドル)

・中・10月財新製造業PMI:50.1(予想:50.0、9月:50.0)


<国内>
・12:35  10年国債入札結果発表

<海外>
・16:00 英・10月全国住宅価格(前月比予想:+0.2%、9月:+0.3%)





《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below