December 4, 2018 / 3:44 AM / 8 days ago

後場に注目すべき3つのポイント~目先の利益確定で想定内の調整か


*12:37JST 後場に注目すべき3つのポイント~目先の利益確定で想定内の調整か
4日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は8日ぶり反落、目先の利益確定で想定内の調整か
・ドル・円は弱含み、米金利の低下で売り先行
・値下がり寄与トップはファナック6954、同2位はアステラス製薬4503


■日経平均は8日ぶり反落、目先の利益確定で想定内の調整か

日経平均は8日ぶり反落。155.89円安の22418.87円(出来高概算6億6000万株)で前場の取引を終えている。

週明け3日の米株式市場でNYダウは続伸し、287ドル高となった。1日の米中首脳会談で米国が中国に対する追加関税の発動を90日間猶予することなどが決まり、貿易摩擦への懸念後退からアジア・欧州株が全面高となった流れを引き継いだ。一方、米長期金利の低下を受けて為替相場は1ドル=113円台前半から半ばと円安進行が一服。東京市場では米中貿易摩擦への懸念後退は前日に織り込み済みでもあり、本日の日経平均は40円安からスタートすると、下げ幅を広げる展開となった。前日までの7営業日で日経平均は計1067円上昇していたため、目先の利益を確定する売りが出た。

個別では、任天堂7974が4%超安で前場を折り返したほか、昭電工4004、ファナック6954、SUMCO3436、東海カーボ5301の下げが目立った。その他売買代金上位も三菱UFJ8306、ソニー6758、武田薬4502など全般さえない。トヨタ自7203は小幅に下げた。また、決算発表のピジョン7956や伊藤園2593、目標株価引き下げ観測の川崎船9107などが売られた。一方、日経平均寄与度の大きいソフトバンクG9984やファーストリテ9983、資生堂4911などは小じっかり。前日に好決算を受けてストップ高水準まで買われたトリケミカル4369は本日も大幅続伸で東証1部上昇率トップ。グレイス6541やオロ3983も上位に顔を出した。セクターでは、海運業、石油・石炭製品、その他製品などが下落率上位で、その他も全般軟調。半面、精密機器と空運業のみ小幅に上昇した。
日経平均は3ケタの下落で前場を折り返したが、前日までの7営業日で1000円あまり上昇していたため、想定内の調整と捉えられる。米中の貿易戦争は「一時休戦」となったに過ぎず、先行き懸念が完全に払拭されたわけでないとの指摘は妥当だろう。また、過去最大級のIPO(新規株式公開)として注目される今月19日上場のソフトバンク9434は今週からブックビルディング(BB)期間に入っており、需要堅調のようだ。BB申込みのための資金確保を目的に、個人投資家から保有株の売りが出やすいところでもある。

しかし、ひとまず米中摩擦への懸念が後退したことは年末高への期待を誘っているようだ。中国市場では上海総合指数が比較的底堅く推移しており、後場に入れば日銀による上場投資信託(ETF)買い入れが期待されるとあって、日経平均も押し目買いが入り下げ渋る展開となる可能性がある。チャート上では22350円近辺に位置する5日移動平均線を割り込まなければ、戻り歩調維持が期待されるところだろう。


■ドル・円は弱含み、米金利の低下で売り先行

4日午前の東京市場でドル・円は弱含み。米長期金利の低下やアジア株安を手がかりに、ドルは113円20銭台に値を下げた。

ドル・円は、米10年債利回りが節目の3%を大きく割込み、先安観もあるためドル売り先行。また、日経平均株価や上海総合指数のマイナス圏推移で、株安を警戒した円買いに振れやすい地合いとなった。

ランチタイムの日経平均先物は軟調地合いで、日経平均の後場下げ幅拡大への警戒から円買い基調となっている。また、欧米株式先物の軟調推移で今晩の欧米株安も見込まれており、目先も円買いを支援しそうだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円28銭から113円66銭、ユーロ・円は128円73銭から129円04銭、ユーロ・ドルは1.1350ドルから1.1369ドルで推移した。


■後場のチェック銘柄

・タカギセイコー4242やインサイト2172など、6銘柄がストップ高

※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・値下がり寄与トップはファナック6954、同2位はアステラス製薬4503


■経済指標・要人発言

【経済指標】

・日・11月マネタリーベース:前年比+6.1%(10月: +5.9%)

・豪・7-9月期経常収支:-107億豪ドル(予想:-102億豪ドル、4-6月期:-135億豪ドル)

<国内>
特になし

<海外>
・12:30 豪準備銀行が政策金利発表(1.50%に据え置き予想)
・英国議会でEU離脱合意の審議開始





《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below