December 6, 2018 / 7:04 AM / 8 days ago

ファーウェイ副会長の逮捕によって米中貿易摩擦への警戒が再燃【クロージング】


*15:57JST ファーウェイ副会長の逮捕によって米中貿易摩擦への警戒が再燃【クロージング】
6日の日経平均は大幅下落。417.71円安の21501.62円(出来高概算15億1000万株)で取引を終えた。米中貿易摩擦への警戒が再燃する中、後場半ばには一時21307.72円まで下げ幅を広げる局面もみられた。5日の米国市場はジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の死去を受け、「国民追悼の日」として休場となっており、海外勢のフローは限られるなかで小康状態が見込まれていただけに予想外の大幅下落となった。

東証1部の騰落銘柄は値下がり数が1800を超えており、全体の8割を占めている。セクターでは33業種全てが下げており、電気機器、医薬品、精密機器、機械、証券、サービス、その他製品、情報通信などが2%を超える下落。一方で電力ガス、陸運、小売、建設、不動産など内需系の一角は小幅な下げにとどまっている。

米国債イールドカーブ(長短金利差)が逆転したことから米経済の景気後退への警戒感が強まるなか、休場明けの米国市場の落ち着きを見極めたいとの模様眺めムードは強かったであろう。そんな中で華為技術(ファーウェイ)の創業者の娘である孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)がカナダで逮捕と伝わり、さらに米国当局は引き渡しを求めているとの報道を受けて、米中貿易摩擦への警戒が再燃。欧州系証券によるテクノロジーセクターに対する慎重見通しが伝わったこともあり、ハイテク株が大きく下落。さらに関連銘柄との位置づけもあってソフトバンクG9984が5%近い下落となったことで、個人のセンチメントも急速に冷める格好となった。

センチメント悪化により、足元でリバウンド基調が続いていたマザーズ指数は3%を超える下落となり、再び1000Ptを割り込んでいる。年末高への期待がファーウェイ副会長の逮捕によって一気に警戒ムードが強まる中で、ポジション圧縮の動きが加速した格好であろう。日経平均は直近安値水準までの調整をみせており、テクニカル面では調整一巡感が意識されやすいところである。ただし、週末要因から積極的な売買は期待しづらく、戻りの局面では利益確定が優勢になりやすいだろう。積極的には手掛けづらく、指値の薄い中を、ファンド等の売買に振らされやすくなりそうだ。



《CN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below