December 6, 2018 / 7:34 AM / 4 days ago

マザーズ先物概況:大幅続落、米中貿易摩擦の激化懸念からリスクオフの動き


*16:30JST マザーズ先物概況:大幅続落、米中貿易摩擦の激化懸念からリスクオフの動き
6日のマザーズ先物は大幅に3日続落して終了した。前日比31.0pt安の970.0ptで取引を終えた。高値は1000.0pt、安値は954.0pt、売買高は3077枚。

本日のマザーズ先物は大幅に3日続落し、終値ベースでは6営業日ぶりに1000.0ptの大台を割り込んで引けた。米中貿易摩擦の激化に対する警戒感から東京市場はリスクオフの動きとなり、マザーズ先物にも売りが波及した。また、海外での新株発行を発表したマネーフォワード3994が大幅に下落したほか、個人投資家に人気のあるメルカリ4385が上場来安値を更新するなど主力株が軒並み下落したこともマザーズ先物安につながったようだ。ただ、1000.0pt割れ水準では押し目を拾う動きも散見されたほか、個別に好材料の出た銘柄には買いが入るなどしており、全般は下げ渋っていた。

本日のマザーズ市場では、ユーザベース3966のほか、海外で新株を発行すると発表したマネーフォワード3994も大幅に下落した。一方、一部メディアで取り上げられたことが引き続き材料視されたアクアライン6173や、本格的なアジア進出の第一歩として台湾に出店することが決まったフルッタ2586、株主優待制度の新設を決めたキャンディル1446がいずれもストップ高まで買われた。



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below