January 26, 2019 / 5:32 AM / 3 months ago

ユーロ週間見通し:弱含みか、域内経済の成長鈍化の思惑残る


*14:28JST ユーロ週間見通し:弱含みか、域内経済の成長鈍化の思惑残る
■やや強含み、米利上げペース減速の思惑残る

先週のユーロ・ドルはやや強含み。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が「ユーロ圏経済見通しのリスクは下向きに転じた」との見方を示したことから、ユーロ・ドルは一時1.13ドルを下回った。しかしながら、米利上げペース減速の思惑は後退せず、ユーロ売りは縮小。米政府機関が2月15日まで一時再開されることが25日までに決まったが、リスク選好的なドル買い・ユーロ売りは拡大せず、ユーロ・ドルは1.14ドル台を回復した。取引レンジ:1.1290ドル-1.1417ドル。

■弱含みか、10−12月期域内GDPなどが手掛かり材料に

今週のユーロ・ドルは弱含みか。欧州中央銀行(ECB)はハト派寄りの金融政策を維持することが見込まれる。31日に10−12月期域内総生産(GDP)や失業率など重要経済指標が市場予想を下回った場合、リスク回避的なユーロ売りが再び広がる可能性がある。米政府機関の一時再開はユーロ売り材料になり得る。

予想レンジ:1.1300−1.1450

■下げ渋り、リスク回避のユーロ売りは一服

先週のユーロ・円は下げ渋り。ユーロ圏経済見通しのリスクは下向きに転じたとの理由でユーロ・円は123円台後半まで下落した。しかしながら、米政府機関の一時再開が25日までに決まったことから、リスク選好的なユーロ買い・円売りが広がり、ユーロは対円で一時125円台前半まで戻した。取引レンジ:123円79銭−125円32銭。

■弱含みか、域内経済の成長鈍化の思惑残る

今週のユーロ・円は弱含みか。欧州中央銀行(ECB)理事会では、域内経済の不透明感が増しているとの認識で一致した。10−12月期の域内総生産(GDP)が市場予想と一致した場合、成長鈍化の思惑からユーロ売り・円買いがやや強まる可能性がある。

○発表予定のユーロ圏主要経済指標・注目イベント
・1月31日:10−12月期域内総生産(GDP)
・1月31日:12月失業率
・2月1日:1月消費者物価指数

予想レンジ:123円50銭−125円50銭



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below