January 29, 2019 / 10:09 PM / 3 months ago

NY株式:NYダウ51ドル高、主要企業決算やFOMC控え様子見ムード


*07:00JST NY株式:NYダウ51ドル高、主要企業決算やFOMC控え様子見ムード
米国株式相場はまちまち。ダウ平均は51.74ドル高の24579.96、ナスダックは57.39ポイント安の7028.29で取引を終了した。今週の主要企業決算や連邦公開市場委員会(FOMC)の結果、そして中国との貿易交渉の行方を見極めたいとの思惑から小幅な値動きに終始する展開となった。セクター別では資本財や素材が上昇する一方で電気通信サービスや半導体・半導体製造装置が軟調。

バイクメーカーのハーレー・ダビッドソン(HOG)は、貿易摩擦に起因したコスト増などを理由に、冴えない決算と慎重な2019年の業績見通しを示し下落。通信のベライズン(VZ)は、決算で売上高が予想を下回ったことが嫌気され軟調推移となった。本日引け後のアップル(AAPL)の決算に注目が集まる中、週後半に決算発表を控えるアマゾン(AMZN)やマイクロソフト(MSFT)、フェイスブック(FB)などハイテク大型株を一旦手仕舞う動きが広がった。ビデオゲーム小売のゲームストップ(GME)は、身売りを断念したことを明らかにして急落。一方で化学製品メーカーのスリーエム(MMM)は予想を上回る決算を発表して上昇。

昨年と一昨年にカリフォルニアで発生した大規模な山火事の債務責任が懸念されていた、電力・ガス会社のPG&E(PCG)は、連邦破産法11条の適用を本日申請した。複数の投資家が債務が確定しておらず破産法申請は不要と主張するなど、裁判所が同申請を拒否する可能性が指摘されており、株価は大きく上昇している。







Horiko Capital Management LLC


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below