January 31, 2019 / 3:26 AM / 3 months ago

東京為替:ドル・円は下げ渋り、ドル売り継続も株高がサポート


*12:23JST 東京為替:ドル・円は下げ渋り、ドル売り継続も株高がサポート
31日午前の東京市場でドル・円は下げ渋り。米連邦公開市場委員会(FOMC)を受けドル売り基調が続いているが、日本株の堅調地合いを受けた円売りがドルを下支えした。

前日の連邦公開市場委員会(FOMC)でのハト派寄りの政策決定を受けドルは他の通貨に対して弱含んでおり、ドル・円は売り先行。ただ、日経平均株価は前日比200円程度上昇し、株高を好感した円売りがドルの下げを抑えた。

ランチタイムの日経平均先物は上げ幅を縮小しているが、上海総合指数は上昇基調が続き米株式先物もプラス圏を維持。ドルは押し目買いも観測される。ただ、ドル買いは後退しており、ドル・円は108円台にとどまっている。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円84銭から109円07銭、ユーロ・円は125円06銭から125円25銭、ユーロ・ドルは1.1478ドルから1.1496ドルで推移した。



【要人発言】

・雨宮日銀副総裁
「現在の強力な金融政策を粘り強く続け、物価上昇の原動力であるプラスの需給ギャップをできるだけ長く持続させることが大事」

・日銀金融政策決定会合(1月22-23日開催分)
「状況の変化に対しては追加緩和を含めて迅速、柔軟かつ断固たる対応を取る姿勢が望ましい」

【経済指標】
・日・12月鉱工業生産速報値:前月比-0.1%(予想:-0.5%、11月:-1.0%)
・中・1月製造業PMI:49.5(予想:49.3、12月:49.4)
・中・1月非製造業PMI:54.7(予想:53.8、12月:53.8)


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below