January 31, 2019 / 7:22 AM / 22 days ago

マザーズ先物概況:4日ぶりに大幅反発、サンバイオの下落は続くも押し目買いが優勢に


*16:18JST マザーズ先物概況:4日ぶりに大幅反発、サンバイオの下落は続くも押し目買いが優勢に
31日のマザーズ先物は前日比31.0pt高の863.0ptと4日ぶりに大幅反発して取引を終えた。高値は868.0pt、安値は844.0pt、取引高は5551枚。

本日のマザーズ先物は4日ぶりに大幅に反発して引けた。マザーズ先物は前日までの3日間で13%超も下落したことから、急ピッチの上昇に対する警戒感から押し目買いや自律反発を狙った買いなどが先行した。前日のマザーズ先物の大幅下落のきっかけとなったサンバイオ4592は本日も売り気配を切り下げ、連日で寄らずのストップ安を演じたが、連れ安した他のバイオ関連銘柄が反発したことが個人の投資マインドを幾分改善させたとみられる。また、メルカリ4385、ミクシィ2121、MTG7806といった指数インパクトの高い時価総額上位銘柄が上伸したこともマザーズ先物を押し上げたようだ。ただ、サンバイオは下げ止まる気配を見せておらず、マザーズ先物へのヘッジ売りが続きそうなことはマイナス要因。このため、市場で「サンバイオが悪材料を織り込んで反発するまでは不安定な値動きを余儀なくされる」との指摘が聞かれた。

本日のマザーズ市場では、直近IPO銘柄として短期資金が流入したベルトラ7048や、第3四半期の累計決算速報を発表したSBIインシュ7326、流通総額150億円超の報酬提供インフラ「RealPay」をリリースしたリアルワールド3691などがストップ高まで買われた。



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below