February 1, 2019 / 7:04 AM / 6 months ago

決算内容を手掛かりとした個別での日替わり物色が中心【クロージング】


*15:56JST 決算内容を手掛かりとした個別での日替わり物色が中心【クロージング】
1日の日経平均は小幅に上昇。14.90円高の20788.39円(出来高概算14億1000万株)で取引を終えた。下方修正を発表したファナック6954がアク抜け的な動きをみせたほか、村田製6981などの好決算などがセンチメントを明るくさせた。買い先行で始まった日経平均は、前場半ばには一時20929.63円まで上昇する局面をみせた。しかし、コンセンサスを下回った企業などへの売り圧力が強く、売り買いが交錯する中で次第にこう着感が強まっており、下げに転じる局面もみられていた。

東証1部の騰落銘柄は値下がり数が1200を超えており、全体の6割近くを占めている。セクターでは精密機器、医薬品、空運、電気機器、サービスが堅調。半面、任天堂7974の下げが影響し、その他製品が4%を超える下落。海運、銀行、鉄鋼、証券の弱さが目立った。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ9983、アステラス製薬4503、ファナック、ユニファミマ8028が下支え。

決算内容に敏感に反応する流れとなり、決算内容によって明暗が分かれる株価の推移が目立っている。来週も1200を超える企業の決算が予定されており、決算内容を手掛かりとした個別での日替わり物色が中心になりやすい。米国ではアップルが決算後にアク抜けの動きをみせているほか、国内でも警戒が強まっていたハイテク株の決算に対する安心感もみられている。日替わり物色とはいえ、ハイテク株への見直しが継続するようだと、センチメントを明るくさせることになろう。

また、個人の需給を悪化させたサンバイオ4592の急落についても、一気に需給改善に向かう可能性はないとはいえ、マザーズ指数に対する比率低下によって今後は反応が限られてくる。そのため、指数の落ち着きとともに、今回下げが波及した他の中小型株などは、決算を経て改めて見直しの流れが強まる可能性はあるだろう。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below