February 1, 2019 / 9:39 AM / 3 months ago

米国株見通し:米中貿易協議受けて買い優勢か


*18:32JST 米国株見通し:米中貿易協議受けて買い優勢か
S&P500先物          2704.25(- 0.25) (18:05現在)
ナスダック100先物   6891.50(-23.25) (18:05現在)


 18時05分時点のグローベックス米株式先物市場で、S&P500先物とナスダック100先物は小安く推移。NYダウ先物は30ドル高程度で推移している。欧州株式市場はほぼ全面高。時間外取引のNY原油先物は前日比0.20ドルほどの下落で推移。こうした流れを受け、1日の米株式市場は買い優勢気味に始まりそうだ。


 米中の閣僚級貿易協議では、大方の予想通り貿易面で一定の進展があったようであり、株式市場にいったん安心感が広がるとみられる。中国新華社は、「劉鶴副首相と習近平国家主席は、米中両国ができるだけ早期に互いにとって有益な合意に向け努力すべきと信じていることをトランプ氏に伝達」と伝えている。NY原油先物は、リスク警戒ムードがやや弱まり、需要回復期待による買い優勢の展開が見込まれる。


 本日発表となる米経済指標は、1月雇用統計や1月ISM製造業景況指数など。1月雇用統計について、市場では米国の一部政府機関が約1カ月にわたり閉鎖された影響で、雇用統計の内容が低調でも織り込み済みとなる見通し。一方、予想を上回る内容となってもFRBの利上げ休止の方針は変わらず、インパクトは弱いとの見方。決算発表は、メルク、エクソンモービルやシェブロンなどが予定されている。


《KK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below