February 4, 2019 / 7:21 AM / 19 days ago

NT倍率の修正といった格好でのリバランス【クロージング】


*16:19JST NT倍率の修正といった格好でのリバランス【クロージング】
4日の日経平均は続伸。95.38円高の20883.77円(出来高概算13億2000万株)で取引を終えた。前週末に発表された米雇用統計が市場予想を上回る良好な結果となり、投資家心理が一段と改善。統計結果を受けて為替市場で円安・ドル高が進行していることも安心感につながった。さらに、トランプ大統領は「米中貿易戦争は近く合意に達する。プロセスは順調だ」と明らかにしたと伝えられていることも、買い戻しに向かわせたようである。ただし、前場半ばに20922.58円まで上げ幅を広げる局面もみられ、後場に入っても20900円に乗せているが、後場は50円程度の狭いレンジでの取引だった。

東証1部の騰落銘柄は値上がり数が1800を超えており、全体の9割近くを占めている。セクターでは海運が下落した他は32業種が上昇しており、その他製品、石油石炭、金属製品、鉄鋼の強さが目立っている。指数インパクトの大きいところでは東エレク8035、ユニファミマ8028、アステラス製薬4503、エーザイ4523、中外薬4519が堅調。一方で、ソニー6758、ファーストリテ9983、京セラ6971が重石。

TOPIXが1%を超える上昇となっており、NT倍率の修正といった格好でのリバランスの流れといったところであろう。ハイテクが相対的に弱く、一方で、素材や金融、医薬品セクターが堅調であり、明日以降もこのリバランスの流れが継続するかを見極める必要がありそうだ。先週はハイテク株の強さが目立っていたが、本日ソニーの下げがセンチメントを悪化させた感はある。ただし、ソニーに対しては強気の見方も根強く、需給調整一巡後の見直しも意識されやすいところである。リバランスの流れとはいえ、日経平均の21000円到達については、ハイテク株の押し上げが必要であろう。

その他、サンバイオ4592がストップ安比例配分となった。値幅制限が倍になっているが完全合致とはならず、需給懸念は根強いだろう。とはいえ、好業績に対する物色が活発な他、その他のマザーズ銘柄への物色もみられており、全体の需給悪化懸念から、個別の需給懸念との見方に落ち着いてきている。



《CN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below