February 5, 2019 / 6:59 AM / 3 months ago

短期資金はほぼサンバイオに集中【クロージング】


*15:54JST 短期資金はほぼサンバイオに集中【クロージング】
5日の日経平均は小反落。39.32円安の20844.45円(出来高概算12億2000万株)で取引を終えた。米株高や為替市場での円安が材料視されて買い先行で始まると、寄り付き直後には20981.23円と節目の21000円に迫る局面もみられた。しかし、指数インパクトの大きいファーストリテ9983が1社で日経平均を50円強押し下げるなど、昨日同様にNT修正の流れが続く格好となり、前場半ばに下げに転じると、後場も前日終値を挟んでのこう着感の強い相場展開となった。

東証1部の騰落銘柄は値上がり数が1300を超えており、全体の6割を占めている。セクターでは、石油石炭、医薬品、その他製品、情報通信が軟調。半面、水産農林、繊維、非鉄金属がしっかり。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテのほか、アステラス製薬4503、ユニファミマ8028、第一三共4568が重石。一方で、ファナック6954、京セラ6971、花王4452、エーザイ4523が下支えとなった。

日経平均が小幅ながらも下げに転じる一方でTOPIXがしっかりなど、NT修正によるリバランスの商いが中心であろう。また、決算発表が本格化する中で機関投資家は積極的には動けないため、方向感も掴みづらいところであろう。また、個人投資家の売買は活発ではあるが、本日のところは、短期資金はほぼサンバイオ4592に集中した感がある。個別では決算評価は見られるとは言え、買い一巡後はこう着といった格好になりやすく、必然的にリスクがあるとしても値動きがあり、流動性の高い銘柄に向かっているようだ。

明日はトヨタ7203の決算が注目されるが、円相場が1ドル110円台に乗せて決算を迎えるようだと、アク抜け的な見方も加わり、センチメントを明るくさせる可能性もありそうだ。また、アルファベットの時間外の下落が警戒されていたが、それ程市場反応は限られていた。米国市場の反応も限定的となれば、ハイテク株への見直しも意識されやすいだろう。



《CN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below