February 7, 2019 / 7:02 AM / 3 months ago

SQ通過後は神経質な相場展開に【クロージング】


*15:59JST SQ通過後は神経質な相場展開に【クロージング】
7日の日経平均は反落。122.78円安の20751.28円(出来高概算12億5000万株)で取引を終えた。米株安の流れを受けて売りが先行するものの、朝方はソフトバンクG9984の上昇効果もあり、小幅な下げから始まった。しかし、ソフトバンクGに資金が集中する一方で、7割を超える銘柄が値を下げる中、じりじりと下げ幅を広げる格好となり、一時20665.51円まで下げる局面もみられた。

セクターでは情報通信が2%を超える上昇となった他は32業種が下落しており、石油石炭、パルプ紙、鉱業、不動産、建設、小売の弱さが目立った。指数インパクトが大きいところでは、ソフトバンクGがストップ高で日経平均を約167円下支えした他、東エレク8035、SUBARU7270が堅調。半面、ファーストリテ9983が約49円下押したほか、テルモ4543、電通4324、ヤマハ7951が冴えない。

ソフトバンクGの出来高は4260万株を超える大商いとなり、短期筋の値幅取り狙いの資金等も含めて同社に集中した感がある。また、中小型株ではサンバイオ4592がストップ高となり、個人主体の資金の多くが同社株に集中した格好であろう。そのため、決算が評価された一部の銘柄を除くと、多くの銘柄が利食いに押される格好となっている。

本日のソフトバンクGの上昇が日経平均を押し上げる格好から21000円が意識されるとみていたが、結局はソフトバンクGの上昇がなければ、日経平均は300円程度下げていたことになるため、流入する資金が限られている需給状況を窺わせる。明日のオプションSQ算出を控えての動きともみられるが、さすがにソフトバンクGのインパクトの効果が限られるとみられるため、やや神経質な相場展開になりそうだ。



《CN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below