February 8, 2019 / 7:19 AM / 13 days ago

米中通商問題や欧州情勢への警戒感【クロージング】


*16:09JST 米中通商問題や欧州情勢への警戒感【クロージング】
8日の日経平均は大幅に下落。418.11円安の20333.17円(出来高概算14億6000万株)で取引を終えた。欧州委員会がユーロ圏成長見通しを下方修正したことや、クドロー国家経済会議委員長が米中交渉の合意まで「距離がある」との見方を示すなど、米中交渉の先行き不透明感から米国市場が大きく下落する中、この流れを引き継ぐ格好となった。前日のソフトバンクG9984のストップ高によるインパクトが限られる中、ある程度の調整は想定されていたが、前引け間際には20400円を下回るなど、SQ通過後も不安定な値動きが続いた。

東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1800を超えた。指数インパクトの大きいところでは、テルモ4543、ソニー6758、ソフトバンクG、富士フイルム4901が下支えとなる一方で、東エレク8035、ファナック6954、ユニファミマ8028、京セラ6971が重石となった。セクターではパルプ紙が唯一上昇した他は32業種が下落。繊維、非鉄金属、金属製品、機械、海運、鉱業、化学、卸売の弱さが目立つ。

シカゴ先物にサヤ寄せする格好から売りが先行した後は、20500円処での底堅さが意識されるとみていたが、SQ通過後もじりじりと下げ幅を広げている。昨日はソフトバンクGが下支えする格好となったが、東証1部の7割が下げていた。本日は8割を超える下落となるなど、インデックスに絡んだ幅広い銘柄が売られている。トランプ米大統領は習中国国家主席と交渉期限内に会談しないだろうとの見解を示したことで、2月下旬にも首脳会談を開くとみられていただけに、改めてリスク回避に向かわせている。

また、ブレグジット問題など波乱は警戒されていたとはいえ、英中銀イングランド銀行が国内の経済成長見通しを引き下げたほか、欧州委員会がユーロ圏成長見通しを下方修正するなど、欧州情勢への警戒感も高まっている。3連休前でのポジション圧縮の動きとも捉えられようが、連休明け後についても手掛けづらい相場展開が意識される。


《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below