February 8, 2019 / 8:34 AM / 2 months ago

欧米為替見通し:ドル・円は上値の重い展開か、ドル選好も米中協議などを注視


*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は上値の重い展開か、ドル選好も米中協議などを注視
8日の欧米外為市場では、ドル・円は上値の重い展開を予想する。ユーロ圏経済の下振れ懸念が強まるなか、欧州通貨売りが続きドルは消去法的な買いが入りやすい見通し。ただ、米中通商協議の進展期待は弱まっており、円買いがドル・円の重しとなりそうだ。

欧州委員会が前日発表した2019年のユーロ圏の実質域内総生産(GDP)の伸び率見通しは、前年比+1.3%と、昨年11月時点の+1.9%から比較的大きく下方修正した。世界的な貿易摩擦と中国経済の減速などが背景。欧州経済については、先月に国際通貨基金(IMF)も世界経済見通しのなかで悲観的な見方を示した。また、ブレグジットに関し、欧州連合(EU)側は英国側が求める再交渉には応じない姿勢を示しており、不透明感を増幅させている。それらにより欧州通貨売りが続き、ドル選好地合いとなろう。

ただ、ドル・円は底堅い値動きが予想されるものの、110円台に上昇後安定的に推移するシナリオは描きにくい。トランプ米大統領は中国の習近平国家主席と貿易政策に関する合意を目指して近く会談する方針だったが、通商協議の期限である3月1日までに会談する予定はないと言明。それを受け、来週北京で再開する閣僚レベルの米中協議進展への期待感は弱まり、リスク回避的な円買いに振れやすい。ドル・円は110円手前で足踏みが続きそうだ。(吉池 威)

【今日の欧米市場の予定】
・22:30 カナダ・1月失業率(予想:5.7%、12月:5.6%)
・03:15 デイリー米サンフランシスコ連銀総裁が地区経済会合に出席





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below