February 9, 2019 / 5:44 AM / 10 days ago

英ポンド週間見通し:弱含みか、ブレグジット修正案否決の可能性も


*14:35JST 英ポンド週間見通し:弱含みか、ブレグジット修正案否決の可能性も
■弱含み、合意なしのEU離脱の可能性が再浮上

先週のポンド・円は弱含み。英国は欧州連合(EU)から合意なしの離脱を選択するとの見方が再び広がり、ポンド売りが一時優勢となった。しかしながら、カーニー英国中央銀行総裁は、「市場は利上げないシナリオに備えるべきではない」と述べたことから、将来的な金利引き上げの可能性が高まり、リスク回避のポンド売りは縮小した。取引レンジ:141円13銭−144円18銭。

■弱含みか、ブレグジット修正案否決の可能性も

今週のポンド・円は弱含みか。3月29日の欧州連合(EU)からの離脱に向け、メイ英首相は14日に予定される修正案の議会採決を踏まえ政府の方針を決定する見通し。焦点となっている英領北アイルランドの国境問題で解決策が議会に受け入れられない場合、合意なき離脱への警戒感は一層高まり、ポンド売り材料となる。

○発表予定の英主要経済指標・注目イベント
・11日:10−12月期国内総生産(前年比予想:+1.4%)
・11日:12月商品貿易収支(予想:−118億ポンド)
・11日:12月鉱工業生産(前月比予想:+0.3%)

予想レンジ:139円00銭−144円00銭



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below